株式評価業務

  • Top
  • 株式評価業務

概略

株式評価業務は貴社もしくは対象会社の株式の公正な評価額を算定いたします。企業が増資、株式譲受、合併及び株式交換等を実施する際には、その株式の公正なる評価額を算定する必要があります。
公正なる評価額を算定しないと、会社法上では有利発行等に該当し新株発行差止請求の可能性があり、税法上も贈与寄付金認定等の可能性があります。
これらのリスクを低減させるために、エースターコンサルティングは株式の公正な評価額を第三者として算定いたします。

支援領域

株式評価方法は、株式の取得等の目的によって異なってきます。例えば会社の清算を目的としている場合は純資産価額方式を採用すべきですし、事業の将来性すなわち将来のキャッシュフローの獲得を目的としている場合はDCF方式を採用すべきです。
エースターコンサルティングは、純資産価額方式、DCF方式及び類似業種批准方式等、多様な評価方法の中から株式の取得等の目的に適合した評価方法を用いて、株式評価を実施いたします。

実績

その他上場非上場、国内国外問わず実績多数