連結決算開示支援業務

  • Top
  • 連結決算開示支援業務

概略

連結決算開示支援業務は貴社の連結決算業務及び開示資料作成業務をサポートいたします。 上場企業または上場準備企業は有価証券報告書をタイムリーに作成する必要があります。上場企業は平成20年4月以降開始事業年度に適用される4半期開示で連結決算が要求され、上場準備企業は引受証券会社からタイムリーな開示が要求されます。
エースターコンサルティングは連結決算業務及び開示資料作成業務を単なるアドバイザーのみではなく実際に手を動かすプレイヤーとして支援いたします。

支援領域

連結決算業務は連結清算表の作成を目的とします。連結清算表の作成の際は、作成方法のアドバイスのみではなく、連結決算の日程表作成、連結パッケージの作成、親会社及び子会社の会計システムの操作及び連結に必要な資料のピックアップまで支援いたします。
開示資料作成業務は、有価証券報告書、半期報告書、決算短信及びその他の開示資料作成を実務的に支援いたします。また近年は監査の厳格化の影響から、監査に耐えうる会計資料(繰延税金資産の回収可能性のスケジューリング、減損の兆候の判定、投融資の評価等)の作成が要求されますが、その作成を実務的に支援いたします。
エースターコンサルティングは実際の連結決算実務及び開示資料作成を経験してきたスタッフが現場でプレイヤーとして対応いたします。

実績

  • 東証1部上場企業に対する内部統制報告制度の構築及び運用
  • 東証マザーズ上場企業に対する内部統制報告制度の構築及び運用
  • JASDAQ上場企業に対する内部統制報告制度の構築及び運用
  • 非上場企業に対する内部統制報告制度の構築及び運用

その他実績多数